EXEC-PHPをやめてプラグイン化しよう

WordPressのEXEC-PHPは危険なので極力切りたい。
また、PHP7ではEXEC-PHPが使えないっぽいです。

実は、ついさっきまでこのサイトもEXEC-PHPで動かされていたのだ。
KOE-KOE保存ツールとかね。

さて、ここでどうやってプラグイン化したか書いていこうと思う。
プラグインの作り方は、知っていれば簡単である。
もちろん、高度なプラグインはこの限りではありませんが

まず、EXEC-PHPで使われているものを関数化しましょう。
僕の場合は、記事をまるごと関数化しました。

<?php
function koekoe(){
//処理というか記事を全部コピー 普通の文は print や echo などで修正。
}
?>

そして、おまじないをかけましょう。
これを追加します。

add_shortcode(‘ショートコード名(勝手に自分で決めよう)’, ‘関数名(この場合はkoekoe)’);

すると、コードはこのようになります。

<?php
add_shortcode('ショートコード名(勝手に自分で決めよう)', 'koekoe');
function koekoe(){
//処理というか記事を全部コピー 普通の文は print や echo などで修正。
}
?>

最後に、プラグインにするためのコメント部分が必要です。
必要なものは

<?php
/*
Plugin Name: プラグインの名前をつける
Plugin URI: なくてもいい、てきとう
Description: 説明文
Author: 自分の名前でも書いときましょう
Version: 0.1とか適当に
Author URI: サイトのURLとか書いとくといいかも
*/
?>

これがないと、どうやらプラグインの部分に表示されないみたいです。

まとめると、このようになります。

<?php
/*
Plugin Name: プラグインの名前をつける
Plugin URI: なくてもいい、てきとう
Description: 説明文
Author: 自分の名前でも書いときましょう
Version: 0.1とか適当に
Author URI: サイトのURLとか書いとくといいかも
*/
add_shortcode('ショートコード名(勝手に自分で決めよう)', 'koekoe');
function koekoe(){
//処理というか記事を全部コピー 普通の文は print や echo などで修正。
}
?>

ファイル名は、適当につけてください。
myScript.phpなど。

最後にこれをPluginディレクトリに移動したら完成です。
ディレクトリを作ります

# mkdir myScript
# touch index.php

ディレクトリができましたね。
あとは、移動すればOKです。

最後にパーミッションを変更するのを忘れずに

# chown -R http:http .

プラグイン画面に自分のプラグインがあるか確認しましょう。
最後に、記事内にショートコードを貼ります。
[ショートコード名(勝手に自分で決めよう)]
と。

以上で完了です。

さよなら、いままでありがとう EXEC-PHP!

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。